映画『星ガ丘ワンダーランド』公式サイト

Story

その日、母は雪の中に姿を消した。赤い手袋を残したまま…。20年前の「落としもの」を待ち続ける僕にやってきた、真実とは—

幸せだと思っていた家族4人の暮らしは、雪の降るある日、突然に終わりを告げた。
父・藤二(松重豊)と口論の末に車からひとり降り、来た道とは逆方向に雪道を歩いていく母・爽子(木村佳乃)。必死で追いかける幼い温人と、弟と母の姿を車から見つめる兄の哲人。そして母は赤い手袋の片方と「そっちは温人が持ってて、必ず取りに行くから」という言葉を残して家族の前から去っていった──。

20年後、成人した温人(中村倫也)は「星ガ丘駅」の駅員として働いている。
駅には落とし物預かり所があり、その棚には、持ち主から離れてしまったさまざまな落とし物たちが再び持ち主の元に帰る日を待っている。年季の入った片方だけのタップシューズ、少し汚れた赤と白の毛糸の手袋、サインペンで絵が描かれたビニール傘、スノードームのキーホルダー……。温人は、そのさまざまな落とし物ひとつひとつにタグを付け、そこにどんな人が取りにくるのか想像をしては似顔絵を描くことが日課であり楽しみだった。しかし、ある一定の期間が過ぎると、忘れ物はゴミとして清掃会社に勤める仁吾(市原隼人)たちが回収していくのだった。

星ガ丘には「星ガ丘ワンダーランド」という遊園地がある。幼い頃、温人も家族と一緒に訪れたことのある思い出の場所だ。
その遊園地が閉園するというニュースが流れて間もなく、温人のもとに母がその遊園地で「死んだ」という訃報が届く。警察の中尾刑事(嶋田久作)と大林刑事(杏)からは自殺だと聞かされる。

20年の間に母に何があったのか? 新しい家族のなかで何があったのか?
母の死をきっかけに温人は、義理の姉弟である七海(佐々木希)と雄哉(菅田将暉)が近くで暮らしていることを知る。そして、母は300万円という大金を持ったまま死んでいたことが分かり、真相を探るため、ずっと連絡を取っていなかった兄の哲人(新井浩文)を訪ねるが……。
4人の男女の過去が明かされ、止まっていた時間が動きだそうとしていた。

PAGE TOP